トップページ>技能実習生受入事業

外国人技能実習生受入れ事業

技能実習生受入事業とは・・・

 

我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っており、開発途上国の経済発展を担う人材育成を目的に、開発途上国の青壮年労働者に日本の進んだ技能・技術・知識を習得させるための制度です。

​技能実習生受入のメリット

九州コンストラクチャーズ協同組合は、国土交通省九州地方整備局、経済産業省九州経済産業局、農林水産省九州農政局より認可を受け、建設業、縫製業、農業などの分野で、海外の発展途上国の技術発展に貢献する為、技能実習生を受け入れております。

中国(南京、丹陽、大連)、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)など送出し機関との提携により、実習生の受入のみならず、様々なビジネスの可能性が広がります。

技能実習期間が終了し、実習生が帰国した後も海外ネットワークが豊富に構築できます。